外壁塗装入門

外壁塗装入門

外壁・屋根塗装工事の必要性

太陽や強風、暑い日や寒い日、帰宅してほっとしたことはないでしょうか。天候が不順な時の屋外は過酷です。そんな過酷な環境から貴方とご家族を守っているのがお住まいなのです。一年中降り注ぐ紫外線、真夏の猛暑、真冬の氷結、バケツをひっくり返したような土砂降りの雨、容赦なく吹き付ける強風、それによって打ち付けられる砂や落葉と枝・・・。私たちが考える以上にお住まいはダメージを受けています。

人間の体にケアが必要なように、お住まいにもお手入れが必要です。人間の体は規則正しい生活などで自然回復が見込めますが、お住まいにはそれが望めません。

したがって、定期的に塗装などのメンテナンスをしてあげる必要があるのです。

 

塗り替え時期の目安

「家が何となく薄汚れて見える」「汚れが目立つようになってきた」「くすんでみえる」明らかに塗り替えのサインです。

お住まいは新しいうちは外壁も防水性能が高く、雨水を綺麗に流すことができます。経年劣化で防水性能が落ちてくると水切れが悪くなってくるので、そこに汚れが付着しやすくなります。今すぐ塗装が必要といううわけではありませんが、塗膜が痛みだした一つのサインです。古いからしょうがないではなく、塗り替えのサインです。

新しいうちは鮮やかな色だった外壁も年月とともに色あせていきます。色あせは紫外線による日焼けです。人間の皮膚と同じく、紫外線は塗装面にもダメージを与えます。こちらも塗り替えのサインとなります。

苔、藻、カビは水分を好みます。壁面にこれらが発生した場合、外壁の防水性能が落ちている証拠です。これらは根を張り、壁面を侵食していくので、ダメージも大きくなります。早めに対処した方が良いでしょう。

モルタルのひびは葉書が入るほどの幅になったら、雨水が浸入してきます。また、サイディングの目地のコーキングも経年劣化でひび割れたり、痩せて隙間ができたりします。ここも雨水の浸入口になります。

金属はサビが発生します。最近のガルバリウムはサビが発生しにくい材料ですが傷などからサビの発生、腐食につながります。

破風や軒天などは塗膜がなくなると木部に直に雨が接触し、一気に腐食してしまいます。

外壁塗装の劣化には塗膜の劣化と素材の劣化があります
 

塗膜のみの劣化であれば塗り替えで済みますが、塗膜で保護されていた素材自体が劣化すると、その程度によって修繕費用がさらに必要となります。いずれにしても、早め早めの対応がトータルでのメンテナンスコストを下げることになります。

塗装工事のポイント

ポイント1 外壁塗装は下地の調整が大切

外壁塗装の成功のポイントは下地作りが非常に大切です。塗装の下地をしっかりと作ることで、新たな塗装面の保護にもなるのです。せっかく塗装を行なっても数年で塗装が剥がれてきたらまた塗り替えをしなくてはいけません。建物をしっかりと永く使用できるかはこの下地作りにかかっているといっても過言ではありません。外壁塗装は古くなった外壁を塗る替えるわけですから、塗る前の外壁の状態がどうなっているのか、そのまま塗ってもいいのかをしっかり判断して補修が必要な部分はしっかりと補修しないといけません。

 

 

ポイント2 塗装工事の見積り金額の違いは?

お住まいの塗り替えを考えた時に、見積りをしてもらうと思います。どのぐらいの金額になるか不安な部分が大きいと思います。まず大切なのは、その業者さんとしっかりとした打合せができているか。質問にしっかり答えてくれているか。この点を含めて見積書を見ていきましょう。その時に重要なのが、ポイント1でお話した下地処理があるかどうかです。これは塗料の付着をよくするだけでなく、塗装の耐久年数にも大きくかかわってきます。塗装工事で大切な工程ですので是非確認しましょう。養生項目の確認も忘れずに。塗装工事は足場を架けて行うのが一般的ですが、塗料が飛ばないように、高圧洗浄のしぶき周囲に拡散しないように養生シートを足場に架けます。お隣さんとのトラブルにもなってしまいますので、しっかりと養生するかを確認しましょう。また使用する塗料と施工する金額がなぜそうなるのかを聞いて見積額に納得するまで質問しましょう。

 

 

 

ポイント3 塗装のイメージは違う

外壁塗装で多いトラブルの一つにイメージと違うといったことがあります。色のサンプルでを見せてもらって決めることになることが多いのですが、サンプルを完全に信用してはいけないのです。そこには彩度や明度が関係してきます。小さいサンプルで見た色より、広い面積の塗装の色の方が明るくはっきり見えてしまうために、イメージと違って感じてしまうのです。また外壁塗装で壁の色を思い切って変更してみても、周りの家とのバランスが悪いと違ったイメージになりやすいです。じっくりと検討することが大切です。

 

 

 

ポイント4 良い塗装業者の選び方

せっかく塗り替えても5~6年でまた塗り替えることになっては工事金額も、もったいないです。その業者がどこまで保証してくれるのか、保証期間はどのぐらいついているのか、しっかり確認することが大切です。また塗装業者に依頼しても実際の施工は違う会社の人だった・・・そんな話を聞くことがあります。その分見積り金額にも影響しているのではないでしょうか?塗装工事の契約をした業者が直接自社で施工している会社を選びましょう。あとは、塗装工事後の万が一のトラブルについてですが、連絡をしたらすぐに来てくれるところが安心です。地元で施工している塗装業者ならすぐ駆けつけてくれます。施工後の安心のためにも、ご自分のお家から1時間圏内でこれる地元業者を選んだ方がいいです。

 

 

 

相談無料 見積無料 診断無料

お気軽にお電話下さい!

0120-66-1030

受付時間:9:00~21:00

対応地域

刈谷市と名古屋市を中心に愛知県全域対応可能です